イベントのカレンダー

  • 10
  • 8
東京・名古屋・大阪・京都 ::: 10月来日予定
  • 11
  • 17
東京・名古屋・京都 ::: 2018年11月来日予定  
  • 12
  • 8
東京・名古屋・大阪・京都 ::: 2018年12月来日予定

イワンさん海外でのインタビュー <第1回目>

◦★◦★◦★◦★◦★◦★◦★◦★

海外で行なわれたソマヴェディックのインタビューを、これから複数回に渡ってご紹介します。
イワンさんがソマヴェディックについて詳細に語っている貴重な内容です。

◦★◦★◦★◦★◦★◦★◦★◦★

(インタビュアー)
皆さん、こんにちは。今日は、イワン・リビャンスキーさんが開発したソマヴェディックという機器について特集します。


リビャンスキーさん、こんにちは。まず、このソマヴェディックを誕生させた経緯についてお伺いしたいと思います。
どのような状況、知識、経験、情報がもとで、低い波動から高い波動までを発信して、パラサイトを除去し、電子スモ
ッグやネガティブなエネルギーを浄化する、このアイテムが生まれたのかお話しいただけますか?このように小さく
て平坦なガラスの球体が本当に効果があるのか、不思議に思います。

(イワン)
10~15年ほど前に、私はペンジュラムを使って診断を行なったり、手を当てることによって人を楽にさせる能力をも
っていることがわかりました。そして特定の健康問題を助けることができることもわかったのです。
能力が進化するプロセスで、臓器がどのように機能するかがわかるようになり(中国医学によると、チャクラや経絡というものが存在します)、エネルギーブロックを取り除くことができることを知り、やがて半貴石(セミプレシャス・ストーン)に情報を入れることができることを知るに至りました。
半貴石は、活性化して正しく設定を行なうことで、特定の問題に作用する周波数をもたせることができます。しかし、それはその石が設定した周波数を放つ一定の期間のみです。例えば、対応する健康問題が終了した時、或いは純粋にエネルギー保有量がなくなった時です。深刻な健康問題を抱えるクライアントが増えるにともない、人々はある種のグルのような人物、つまり情報を提供して導いてくれる人と出逢います。私の場合は刺激を受ける書物との出逢いもありました。
ある日、私はポペルカ氏と出逢い、彼が作成した機器を見せてくれました。それはソマヴェディックの前身で、ソマテックスと呼ばれていました。ポペルカ氏の例にならってソマヴェディックを作りましたが、ソマテックスが周波数ベースであるのに対して、ソマヴェディックは半貴石やジェムストーンに特定の調整を行ない、それ単独では対処できない大きなエネルギー場を発するようにするものです。これは、ハルラホフにある、私とクレチ氏(Mr. Krejčí)が巨大なソマヴェディックを建てたスタンディング・ストーン(立石)にも同じことが言えます。

dscf3011.jpg















(インタビュアー)
つまり、一言でいうと、このガラスの機器の中、ボディには、互いに作用し合い、外部を浄化し、チャージもする半貴
石とプレートが収められているということですね?

(イワン)
少し大げさな表現ですが、私はこれをフリントストーンと呼んでいます。これは、ブラチスラヴァ出身のバランジェック博士が言ったように、構造のロジックはコンピュータと似ているからです。つまり、石がメモリ(記憶)或いはプロセッサーのような動きをしたり、バッテリーとして放射体のように機能するということです。それぞれの石には特定の機能があります。さらに、石はその周波数が及ぶ範囲にあるものを正す性質、エネルギーの詰まりを解消する性質もあります。

(インタビュアー)
ということは、私の素人的発想ですが、機器に電源を入れると、石がそのプレートを通して活性化されると・・そのプレートは、銅ですか?

(イワン)
2枚の銅のプレートがあります。1枚はグラウンディングの機能、もう1枚はアンテナとしての役割を果たします。さらに、周波数放出体として機能する、いわゆる放出を正しく促す銅線もあります。中間には半貴石がピラミッドのような形で並んでいます。石の種類や数やサイズは個々の機器によって異なります。機器に電源を入れると、ネガティブなエネルギーを除去するプロセスが稼働します。これは、通常私たちが石をポケット等に入れて持ち歩いた場合は24時間毎に冷水で洗い、太陽の陽射しの下においたり、布で拭いたりすることの代用になります。ソマヴェディックはこの浄化を自動的に行なうのです。

dscf2949.jpg















(インタビュアー)
なるほど。石が吸収したものを浄化しなければならない。そしてこの機器の場合はネットワークを通じて行なわれるということですね。これを使用してヒューズがとんだことはありますか?アパートや家屋でヒューズがとぶほどのネガティブなエネルギーがあったことはありますか?

(イワン)
そうですね。そのために、ソマヴェディックにはダイオードが搭載してあります。これは当然のことながら物理的な理由です。これはフォトン(光分子)伝送の周波数がベースです。ダイオードの1つが機能しなくなった時に、ソマヴェディックはエネルギー処理の対応が出来なくなります。その場合は、顧客に製造業者に連絡をしていただき、新品と交換しています。

(インタビュアー)
例えばですが、ゴミの山にソマヴェディックを入れたらどうなるか、知りたいです。そうしたらソマヴェディックはすごく働かなくてはならないですよね?

(イワン)
ティール・スワンさんがソマヴェディックに関して興味深いコメントをされています。この機器は、磁場パターンにある不具合を浄化するそうです。これは弊社のウェブサイトにも掲載しましたが、彼女によると、広島の原爆が落とされた爆心地に巨大なソマヴェディックを置いて、そこで起こった破壊のエネルギーのバランスを整えたらどうなるか興味深いと言いました。

(インタビュアー)
それは素晴らしいですね。ネガティブなインパクトを受けた場所全てに通じるということですね。

<次回に続く>

◦★◦★◦★◦★◦★◦★◦★◦★◦★◦★◦★◦★◦★◦★◦★◦★・