イベントのカレンダー

  • 5
  • 20
東京・名古屋・京都 ::: 2018年5月20~27日来日  お申込受付中!
  • 6
  • 16
東京・名古屋・京都 ::: 2018年6月16日~24日 来日詳細準備中
  • 9
  • 8
東京・名古屋・大阪・京都 ::: 2018年秋来日予定

南米ペルーで発見された縦長の頭蓋骨のDNA、初期解析の結果

2014年、ペルーのパラカスから出土した、縦に長い頭蓋骨のDNAの初期の解析の驚くべき結果が、発表されました。
                           
パラカスはペルー南部の砂漠の半島にある街です。1928年には、ペルー人の考古学者である、ユリオ・テロー氏がその街で驚異的な発見をしました。テロー氏は広い範囲に渡る精巧な墓地を発見し、その各々の墓には、遺体と共に世界で最も大きい縦に細長い頭蓋骨が埋葬されていたのです。今日では頭蓋骨は「パラカスの頭蓋骨」と呼ばれ、その数は300以上あり、3000年程昔のものとされています。最近までそのDNAの解析が続けられ、今回初期の結果が研究者であるブライアン・フォスター氏によって発表されました。 
              
古代エジプトの女王ネフェルティティの胸像を思い出して下さい。殆どの縦に長い頭蓋骨が、人工的に変形させられ、平坦にされたり、頭蓋を縛りつけたりされて、意図的に長期に渡って圧力を加えられて作られたのは、良く知られています。ちょうど、中国でかつて行われていた纏足と同じです。頭蓋骨の場合は、時には二枚の板で挟んで縛られました。しかし、これらの方法は頭蓋骨自体の形を変える事は出来ますが、普通の人間の頭蓋骨と比べても、その容積、重さその他の特徴を変える事は出来ません。
                      
パラカスの頭蓋骨はそれらの点で、大きく異なっています。パラカスの頭蓋骨は、普通のと比較すると、容積では25%大きく、重さでは60%も重いのです。つまり、パラカスの頭蓋骨は人為的に手を加えて造られたものではない、と言う事です。またパラカスの頭蓋骨には頭頂骨が一枚しかありません。対して私達の頭頂骨は左右二枚が繋がっています。この事実からもパラカスの頭蓋骨は人為的に造られたものではない事が分かります。ただし、どうして違いがあるのかは、長い間不明でした。
パラカス歴史博物館には35の縦に長い頭蓋骨が陳列されています。館の所有者であり、また館長でもある、ユアン・ナヴァロ氏は、そのうちの五つから研究の為にサンプルを採る事を許可しました。サンプルには、毛根を含めた髪、歯、頭蓋骨と皮膚も含まれていました。検査の進行状況は逐一非常に注意深くビデオと写真に収められました。三つの頭蓋骨は、遺伝学者に送られましたが、学者らの先入観を防ぐために頭蓋骨の出土した場所は伝えられませんでした。それらの頭蓋骨の一つのDNAの初期の解析結果が出て来ました。南米の古代の細長い頭蓋骨を持つ人々の研究の権威であり、10冊以上の著書のあるブライアン・フォスター氏がその結果を発表しました。
フォスター氏いわく、「頭蓋骨のミトコンドリアDNAには、どんな人間にも、霊長類にも、どんな動物にも、今まで見られたことのない突然変異が含まれています。またサンプルから解析できた情報の断片の幾つかは、その突然変異が、人類(ホモ・サピエンス)とも原人等(ネアンデルタール人、デニソワ人)とも全く異なった、【新しい人間】の様な生物であることを示しています。」
これは非常に興味深い結果です。解析をした遺伝学者は、「これが、我々が周知の進化の枝分かれに当てはまるのかさえ分からない。」と述べています。つまり、パラカスの古代人達が持っていたDNAが、一体どこから伝わったのかが全く不明なのです。また、これらの人々はあまりにも生物学的に異なっているので、普通の人間と交配する事は出来なかっただろう、とも述べています。
この解析の結果は、今後更に進められる幾多の解析の初段階にすぎません。次の解析は他の頭蓋骨にも同様に行われ、それらの結果が比較されて、パラカスの頭蓋骨の特徴が発見されるかどうかが見極められます。
彼等は一体どこから来たのでしょうか。ブライアン・フォスター氏の更なる遺伝学的分析の新しい発表にご期待ください。

元の記事を英語でお読みになりたい方はこちらです。
http://www.ancient-origins.net/news-evolution-human-origins/initial-dna-...
ダーウィンの進化論に当てはまらない事実がもう一つ増えましたね。皆さんは、ご自身がサルから進化したなどとまだ思ってらっしゃるでしょうか。
                              
翻訳:ババート
画像引用:http://www.ancient-origins.net