イベントのカレンダー

  • 12
  • 3
東京 ::: 2018年12月3~10日来日!
  • 3
  • 10
東京・名古屋・大阪・京都 ::: 2018年3月来日予定
  • 6
  • 10
東京・名古屋・京都 ::: 2018年6月来日予定

社会

まひな:ヤルカさんセッション感想

2017/06/05 - 08:30
「チチャニウム」というのはアメリカとロシアの科学者により 共同宇宙計画の一部として開発された身体の波動常態を検知する測定機で、 いま現在罹っている病気の状態だけでなく、「未病」と呼ばれるまだ病として発...

ロシアで新しく発見された、世界で最大の巨石からなる遺跡

2014/04/06 - 22:55
勿論、さらに多くの研究がこの遺跡では必要だ。誰が石を切り出したか、そして石はどれ位古いのか、は誰も知らない。 考古学者であるジョン・ジェンセンは、「これらの石は有史以前の霧のかなたからきた。」と言って...

オルゴン研究の歴史III:雲の核変換

2014/03/11 - 11:36
ケムバスターは、周囲の大気のエネルギーのバランスを素早く復元して保ちながら、安全に継続操作を続けることが出来ます。地球上の干ばつに襲われた地域では、この効果は常に、干ばつを終わらせるのに十分な雨のかた...

光や星雲の画家。ズデニェック・ハイニー氏が逝去。

2014/03/07 - 23:21
チェコ画家、グラフィック・アーチストであり心理学者、ズデニェック・ハイニー氏が2014.3.1に、72歳で逝去されました。ハイニー氏はスピリチュアルなテーマの作品を描いていました。

ロベルト・ヤノフスキー:世界危機に向かいながら、心の準備

2013/10/19 - 21:39
その状態であれば、たとえ米国に危機が起きても、私たちはすでに準備を整えています。実は今、人類がそれをできれば、世界が迎えようとしている大危機は必要ではありません。

ロベルト・ヤノフスキー:世界を救うのは日本人?

2013/10/13 - 13:20
その「精神的な底」の結果が2011年の大震災だったと思います。震災以降、決して少なくない日本人が「このまま続けるとだめだ」と気づきました。そしてまたその回りの人たちも気づき始めたことで、私は日本の癒し...

ロベルト・ヤノフスキー:「火柴の人」

2013/09/07 - 12:32
光を持つ人、「火柴の人」から光が自然にまわりの人々に移り、全員でなくとも、たくさんの人が自分の光を持つようになれば、世界がどのように変わることが出来るのか想像してみてください。それは一人一人の力です。...

ミルカ&とサリー: 延暦寺のお坊さんたちの修行

2013/07/06 - 12:07
やらせられたから、こうしないと良くないから、という思いでする修行は、逆効果になります。ネガティブになって、高い認識につながりません。

ミルカ&サリー:富士山

2013/06/22 - 16:58
地球上のエネルギーには、人々が影響を及ぼしています。つまり、噴火するかしないかは、人々によるのです。人の状態によります。バランスを整えているかいないか、によります。

なぜアメリカ人は、テロの脅威でパニックに陥るが、日常に頻発する銃による死亡事件を無視するのか?

2013/04/26 - 18:55
賑やかな大都市であるボストンの金曜日が、その事件によってゴーストタウンとなっていました。学校は閉鎖され、通りは空っぽの状態でした。それはすべて、犯人である19歳の若者がまだ街をうろついていると言う、メ...
コンテンツ配信